潤いを肌に確実に届ける

潤いある素肌づくりのポイント

美容に興味があるものの、化粧水や乳液の成分などに関して、何に気を使うべきなのか悩む女子も多数いらっしゃいます。特に美肌づくりには潤いは必須で、化粧水や乳液の潤いを肌に蓄えるためには馴染ませ方が重要となります。通常は、手のひらで塗布するものの、コットン使いの方が潤いは格段に届きやすいのも知っておきたい情報です。手のひらで叩き込むお手入れではなく、滑らせる軽圧式塗布法が効果的で、肌のオウトツにムラなく広がります。

コットンによる塗布法

コットンによる潤いチャージのポイントとなるのが、方向・圧力・速度であり、方向では血流の流れを意識しながら中心から外側に、下から上に向かって馴染ませますが、首までしっかりケアします。頬は丸みにフィットさせ、口元は顎先から唇を中心に囲むように馴染ませます。高級綿を使った大判サイズのコットンが適しており、毛羽立ちにくいために肌に刺激になりにくく、化粧水などの効果をムダなく肌に届けられるため、ソフトな肌あたりのコットンを選ぶこともポイントです。

お手軽なコットンマスク

コットンによる馴染ませでは、肌表面を滑らせながら軽く引き上げるように動かすことが大切で、軽い圧力をかけながら連続性のある動きをイメージします。馴染ませる速度も重要で、副交感神経が優位になるにはゆっくりしたテンポがポイントとなります。気になる部分には美容液を浸したコットンを貼り、5分程度パックすることによって、みずみずしい素肌づくりがお手軽に行える魅力があり、美容成分に着目する以前に、潤いを届ける手法にこだわることが大切です。

品川美容外科の2chについて詳しく