ケア不足になりやすい季節

秋から始める美容に特化したケア

夏の紫外線には美白で冬の乾燥には保湿など、季節にあわせて美容アイテムが様々に提供されています。中でもケア不足になりやすいのが秋からの季節で、日本の秋は年々短くなっているために、蓄積された夏のダメージをケアするには残暑から始める必要があります。秋に突入すると同時にくすみやシミ、肌荒れなどの夏の爪痕は現れやすく、肌の角層が生まれ変わる約2週間に着目した美容ケアによってトラブルを最小限に防ぐことが可能です。

夏のダメージが蓄積されやすい

秋になると肌が冴えなくなる悩みは意外と多く、急激な気温や湿度低下によって肌は深刻化しやすくなります。日焼けによるくすみをイメージしやすいものの、紫外線ダメージの蓄積によるくすみだけではなく、肌の血流量が低下することでも顔色がくすんで見えます。また、肌がカサカサしてくる秋口は、紫外線ダメージで水分が奪われて肌の生まれ変わりのリズムが乱れ、乾燥や小ジワを招きやすく、メラニンが蓄積されたままとなり、シミやそばかすなどの肌ダメージを作り出してしまいます。

集中ケアで夏ダメージを立て直す

残暑から始める美容プログラムは話題を集めており、内外からキレイを立て直すことが可能です。ポイントとなるのが、たっぷりの潤いを届ける化粧水と細胞間脂質を整えて水分を逃がさない乳液によるベーシックケアです。さらに、ハリ肌には吊り型となるコラーゲンを応用した美容液によるプラスケアや、気を緩めずに美白する抗メラノ機能体によるケアが必要です。また、美容フードやドリンクを取り入れることで内側から美肌づくりができ、外側のケアをしっかりサポートできます。

品川美容外科の提訴について詳しく